板紙・段ボールから印刷紙器までを網羅した専門新聞社です

qrcode.png
http://itadan.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!


有限会社
日刊板紙段ボール新聞社

東京都文京区湯島4-6-11
湯島ハイタウンA-509号
TEL.03-5689-0121
FAX.03-5689-0120
----------------------------
板紙・段ボール産業の総合紙。
紙器・段ボール企業を中心に機械・資材メーカーなどの動向をはじめ、箱を使うユーザーの動きも網羅。各種統計の分析なども充実。

----------------------------

日​刊​板​紙​段​ボ​ー​ル​新​聞​社​
 

コラム 段談

   


                


                 過去の『段談』はこちらへ

   
 ▼若干、環境が変化しても『原紙は強い』と誰もが感じている。『□せ』『□せない』、大手段メーカーと専業原紙メーカーとの激しい攻防があった事もパッと流れた。ここでも原紙側は強気を通したと言う。長年の悪癖を是正し、変わった理由を『そこまで追い詰められた結果』と表現した人がいた。古紙価格の高騰が続いた時期には作るだけ赤字が増え、会社によっては『製造を止めたい』事もあったそうだが、ずっとこのまま行ければ原紙のプラットホームは強固なものになり、安定につながる。
 ▼段ボール生産の半数以上は一貫及びその系列で占める。原紙部隊が変われて何故、同じ会社の段ボールが〝強く〟なれないのだろう。後が無いのは一緒〝やるしかない〟中で、やらない(やれない)中小はどこへ行く?また『会社としてまとまりが無い』『業界に対する熱意が感じられない』、ある大手段ボール会社をこのように指摘した社長がいた。其れゆえ周りの段メーカーも引き摺られ、『進めている価格交渉にしても、経営層が思っていた通りに進んでいないのだ』。段ボール特有の量志向にいくつもの要因が混ざり、旧態依然のままなのか?
 ▼ここ数年間の生産量を見ても周りの評価でも、大手の一部は量への執着がありあり。しかも考えていた以上にコルゲータが増える、と話す人がいた。もちろん全て大手関係だ。その数〇台。この台数が数年の間に関東で本当に増えたなら中小は大変だ。なお中小段メーカーの若手経営者(創業家)が2人も3月いっぱいで段ボールを離れた。時代の流れとは言え、仲間は非常に寂しいだろうし、記者も同じ想いでコラムを書いている。(山)
<<有限会社 日刊板紙段ボール新聞社>> 〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウンA-509号 TEL:03-5689-0121 FAX:03-5689-0120